メンズ美容室予約サイト MENTAR

2020.09.02美容室でのイメージの伝え方

こんにちは!

髪を切りに行って、「なかなか思い通りの髪型にならないなぁ」など満足感に欠けることはありませんか?今回はそんな方にピッタリの美容室でのイメージの伝え方のお話です。

まず「なぜ思い通りにならないのか?」ですが、原因は下記の二つにわけられます。

・美容師の技術不足

・お客様のイメージが上手く伝わっていない

美容師の技術不足と言ってしまえばそれまでですが、大半は上手くイメージが伝わっていないことがほとんどです。美容師がしっかりくみ取ってくれればいいのですが、残念ながらなかなかそんな人ばかりではありません。

そこで、下記の点をお客様が上手く伝えられるようになるだけで、きっとイメージに近づけることができますよ!

STEP1 恥ずかしがらずに日頃の髪の悩みを伝える(癖で広がる、ボリュームが出ない等)

STEP2 ライフスタイルを伝える(仕事はスーツ着用、ドライヤーを使う、朝シャン派、スタイリング剤は使わない等)

STEP3 ヘアカタログでなりたいイメージを伝える(※重要)

まずSTEP1ですが、濡れた状態と、乾いた状態、ましてやスタイリング剤がついている状態はまったく異なるので癖や悩みがある場合はしっかりと伝えましょう!

次にSTEP2ですが、ライフスタイルを伝えることによって、ライフスタイルに合った提案をしてもらえることもあります。スタイリング剤をつけるかつけないかによってカットの方法も変わってくるのでしっかりと伝えましょう!

最後にSTEP3ですが、よくあるのが「全体を1㎝切ってください」や「軽くしてください」の要望だけ伝えることです。1㎝といってもひとそれぞれ1㎝の感覚は微妙に違いますし、軽さの感覚も個人差があります。

長さの指定をするよりも、ヘアカタなどの写真を見ながら形を決めたほうが美容師も切りやすく、お客様も安心することでしょう。

それでもイメージと異なる場合は、残念ながら完全なる美容師の力不足です。

いつも思い通りにならない方も、諦めずにまずはしっかりと伝えていきましょう!

The post 美容室でのイメージの伝え方 first appeared on MENTAR Blog.

前のページへ戻る